人生の節目となるとき

IT業界に携わる方も、いずれは一つの家庭を築いていきたいということから、自分の好きな人と結婚をしたいと思うようになるでしょう。
そのため、結婚に必要なお金を貯めたり、ひいては家族を養えるくらいの収入を得るために、日々の仕事を頑張ろうと思うようになるのです。
中には、フリーに転身した方が収入が高くなると考え、会社を立ち上げようと考える方もおられるのです。

言い換えれば、結婚をするために社会生活を送っているのだと主張する方がいても不思議ではないのです。
結婚によって育まれる家族の愛情を背に受けて仕事をすることに生きがいを感じていきたいという技術者が、日本社会を支えているのです。

結婚をして自分の子供が出来たときに、自分の血を分けた掛け替えのない我が子に対して、多くの愛情を振りまいていくこともよくあるでしょう。
故に、自分の分身であるその子に対して、まるで自分のことのような関わり方をしていき、親である自分がこれまで生きてきた社会生活の歩み方などを手とり足取り教えていくのです。

故に、IT企業においてのコンピューターにプログラムを入力するかのようにして、我が子に正常な社会生活を送るための決め事を伝えているのでしょう。
要は、自分の望み通りになってもらうための拠り所は、紛れもなく自分からの情報の発信によるものであり、情報の発信者が、その情報を受け取った対象となるものが、社会に恩恵をもたらしていくように願っているわけです。
そうしたことから、コンピューターと子供の両方とも、社会の一員として受け入れていく姿勢が重要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go to Top